電子カルテ

2013~2014年沢山の事を考えた年でした。

多くの業界内外の人と会い、話を聞きに行き

意見交換を多くした年でした。

電子カルテの構想をパートナーとしていた頃のメモを記します。



今じゃデフォルトな、担当美容師とチャットや来店予測をアイコンを用いてアラートの仕組みを思っていました。



メニューや、POS上の中分類・小分類での集計や、

取り込んだ統計から、自分の「得意」「出るメニュー」を分析して

オリジナル・セットメニュー化(抱き合わせ)などを考えてました。

(アプローチが苦手な美容師が「メニュー名の追加」でアプローチするのではなく、「〇◎にあんりますよ」という形容化して提供する。)

自分自身がメニューアップが不得意だし、

各メニューの説明が、くどくなりがちだったので。



単純なX(金額)、Y(回数)ではなく、多要素をいれて

3次元的に分析が出来たら

通称「△◇が得意な美容師」(自称ではない。) として売れないかな?

などと考えてました。

(自分を高く売り込むのが不得意だったため)

 



伸びきった状態のシルエット(イメージ)や、

ヒトと比較をしたことがない人の(太い・細い、硬い・柔らかい)

などの尺度と感覚をアプリを介して

コミュニケーションを図りたく構想しました。

ある意味、カウンセリングなコミュニケーションをIotでスムーズにしたい(できない?)かと考えてました。

 

今は、逆に密で深いコミュニケーション(接する・話す)という事のが

価値が高いと考えるようになりました。

(認知症や寝たきりの方に多く触れてみて)

テクノロジーの進歩と、大切にしたい事が浮き出てきたきっかけの一つになりました。

【hairmake arch】山田大樹 オフィシャル

栃木県宇都宮市出身 東京の美容学校へ 原宿⇒池袋⇒横浜⇒自由が丘 2011年横浜 センター北 「hairmake arch」開業 現在10期目。 ノンジアミンカラーと ストレート+パーマ(カール)で エイジングレスのヘアスタイル創り <hairmake archチャンネル> stand.fm https://stand.fm/channels/5ea17961fbbe335df058b3a4

0コメント

  • 1000 / 1000