ノンジアミンカラーの発色実験

前回の実験では、

ジアミンの含まれないライトナーとクリアをMIXして、過酸化水素を6%で染めたものが仕上りが良かったという結果でした。

今回は

ライトナーがリフトさせる力が強いので、髪に対しても負担もあると感じ

➀ライトナー:クリア 1:2×過酸化水素6%

②ライトナーとクリア 1:1×過酸化水素4.5%

も実験しました。

これにより、染色に大切なのが

・アルカリと酸の量 なのか

・濃度 なのか

が分かると思います。


結果は、

➀の方が染まりが良く、②は白と黒のコントラストをうっすら残していました。


前回のライトナーとクリア 1:1 MIXと➀を比べても

➀が若干暗く感じる程度でした。

なので、大切なのは濃度であり

アルカリの量よりは、過酸化水素と混ぜる為の濃度で

それによっておこる化学反応が大切なのだと分かりました。

1:1~1:3 までの間で調整をしていこうと思います。


【hairmake arch】山田大樹 オフィシャル

栃木県宇都宮市出身 東京の美容学校へ 原宿⇒池袋⇒横浜⇒自由が丘 2011年横浜 センター北 「hairmake arch」開業 現在10期目。 ノンジアミンカラーと ストレート+パーマ(カール)で エイジングレスのヘアスタイル創り <hairmake archチャンネル> stand.fm https://stand.fm/channels/5ea17961fbbe335df058b3a4

0コメント

  • 1000 / 1000