ノンジアミンでアルカリカラーの発色に近づける


数々の実験と、

お客様でのカラーを経て

・ノンジアミンカラーのポテンシャルと

・アレルギーを起こすジアミンの存在と

・色や染料の持つ特徴と

を考察する事が多くなりました。


ノンジアミンカラーだと白髪と黒髪が入り混じっていると、そのコントラスト差を打ち消せずにバーコードに色のフィルターを掛けた感じになり

もっとアルカリカラーに近い仕上がりを出せないか?と試行錯誤をしました。

そこで思ったのが、

・リフトはリフト(トーンUP)

・色味は色味

・化学反応

今回は4つの毛束を用いて7LVのブラウンを作ってみる事にしました。

➀7lvのアルカリカラーのブラウン

②ノンジアミンカラーの黒・茶・灰のMIX(混ぜる事で濁らせて色の深みを表現)

③ ②+ライトナー×過酸化水素3%(14lvのリフト力に弱めの過酸化水素で7lv?)

④ ③+ライトナー:クリア×過酸化水素6%(ライトナーをクリアで半減させる。)


結果は、

②絵具も多くの色を混ぜるほどに濁り、黒に近くなる。⇒深い焦げ茶に

③入りが甘かった

④ちょうどよくリフトして、白と黒のコントラストを打ち消して色が入る。

事が判明しました。


アルカリカラーのシリーズの中のライトナー(クリームブリーチ)やクリアには

「ジアミン」が含有されてないので、ジアミン・アレルギーの方にも使用できると思いました。

ベースの計算書式は

ノンジアミンカラー:アルカリカラーが1:1

※ノンジアミンカラーも2~3色までのMIXの総量

※※アルカリカラーの内訳を、ライトナーとクリア:過酸化水素も1:1

↑ライトナーとクリアの配合比率で調整(1:1 、1:2、2:3、1:3)


一つ上のノンジアミン・カラーを目指しています!

【hairmake arch】山田大樹 オフィシャル

栃木県宇都宮市出身 東京の美容学校へ 原宿⇒池袋⇒横浜⇒自由が丘 2011年横浜 センター北 「hairmake arch」開業 現在10期目。 ノンジアミンカラーと ストレート+パーマ(カール)で エイジングレスのヘアスタイル創り <hairmake archチャンネル> stand.fm https://stand.fm/channels/5ea17961fbbe335df058b3a4

0コメント

  • 1000 / 1000