公衆衛生を意識したシェアサロン化への構想

五月に入り、美容室の居抜きの情報も早くも増えて来ました。

https://amp.amebaownd.com/posts/8111187
私もこれ以前から原宿のスタートアップに相談に行ったり
オンラインサロンやコミュニティに参画してきました。
コロナにより既存のルールから変貌してく中で、新たに作るより今あるリソースを最大限に活用してく事が有用と思います。

私が自サロンをシェア化するなら
●可動式のパーティションで区切る

このような折り戸を用いて、解放感も保ちながら状況によって区切ります。
視認性やプライバシーもそうだし、
飛沫を遮る役割として用います。
そして各席に卓上加湿器にハセッパー水を用いるなどしてリスクを減らします。
●来店時
手指消毒はもちろんのこと、
お茶うがいも推奨します。
出来たら紅茶で(お洒落さ欲しくて💦)
ウェルカムシャンパンじゃないけど、
新しい公衆衛生のエチケットとして行いたいと思います。

最小コストで最大のメリットを得るための
設備投資を行いたいと考えます。
ソフト面とは違ったアプローチで御客様から「見える」公衆衛生上でのミニマムなシェアサロンへの構想です。

【hairmake arch】山田大樹 オフィシャル

栃木県宇都宮市出身 東京の美容学校へ 原宿⇒池袋⇒横浜⇒自由が丘 2011年横浜 センター北 「hairmake arch」開業 現在10期目。 ノンジアミンカラーと ストレート+パーマ(カール)で エイジングレスのヘアスタイル創り <hairmake archチャンネル> stand.fm https://stand.fm/channels/5ea17961fbbe335df058b3a4

0コメント

  • 1000 / 1000