5月以降の指針

4月を終えようとして。
今後の動向をまとめました。

金策。当面の手持ち資金を厚くしておく
公⇒融資を受ける。
  持続給付金と3月に申請した持続化補助金で合計 950万円。
私⇒10万円×家族四人
支出は伴うものの瞬間的に1000万円は確保。

融資の返済開始が6ヵ月後からなので、
その間の動向を見ながら
今後の支出を減らすことと
減ったとして回るキャッシュフローを見直し、別の収益源を作ること。
今よりはコロナと付き合っていく社会にチェンジしていき、美容室への来店動向も変わっていくはず。

なので、そこに合わせた
予約の取り方(公衆衛生意識を高めた)
時間配分(オペレーションの再構築)
メニューや料金の見直し(より細分化していく)
事が重要だと思います。

またハード面では、より公衆衛生とプライバシーを担保する隔絶させる状況をつくる事も「付加価値」になっていくと確信してます。

雇用も大きく変化してと思います。
今までは徒弟制を踏襲した丁稚奉公(アシスタント)の形から、ブランドや教育や経営スタイルを買いながら働く(教育も売り物となる)相互にフェアな関係やフリーランスがスタンダードになると考えてます。

この2020年の過ごし方が、今後の社会にフィットしける体制にしなければと思います。

【hairmake arch】山田大樹 オフィシャル

栃木県宇都宮市出身 東京の美容学校へ 原宿⇒池袋⇒横浜⇒自由が丘 2011年横浜 センター北 「hairmake arch」開業 現在10期目。 ノンジアミンカラーと ストレート+パーマ(カール)で エイジングレスのヘアスタイル創り <hairmake archチャンネル> stand.fm https://stand.fm/channels/5ea17961fbbe335df058b3a4

0コメント

  • 1000 / 1000