尊敬する、ひと達

娘と勉強を始めたことで、
昔の記憶がフラッシュバックします。

まずは

◯父との思い出

当時、忙しかった父との思い出は多くあしません。

そんな中でも鮮明なのが

中1の2学期。

今まで問題なく着いていけた勉強につまずいた頃、

2,3か月の間、父に勉強を指導されました。

始めは羞恥心とプライドで、素直に聞き入れず、態度に出て、勉強に向き合うことすら出来なかった。

しかし、そんな嫌な気持ちを引きずりながらも続けていくと慣れて、習慣化します。

その時からの勉強の方法で、その後の学生生活で苦労はしなくなりました。

もう1つは

◯尊敬する友人の言葉

自由が丘で勤めていた時、

近所で同い年がカフェを経営してました。

とても、当時は異質なビジネスで

三つの顔を持っていました。

・カフェオーナー

・デザイナー

・プロデューサー

とても仲良くしてくれて、

独立前の私に、当時の彼の事業計画の作成のものも見せてくれました。

とても刺激的でした!

独立して2~3経ち行き詰まった時、一度会いに行きました。

その時、食事に行ってくださり

その際の会話の内容が

とても印象的でした。

彼:「今、いろいろな経験が積み上がって足し算になり、そんな中から「自分に合う」で引き算をして、他業種とコラボをして掛け算になり、とうとう「わり算」にいきつきましたよ!「割りきる」ところに。」

「山田は、今、どこですか?」

その時は、がむしゃらだったので

「足し算の途中です。少し掛け算も始めました!」

「わり算は、凄いですね。想像も着きませんよ。」

と答えました。

とても良い思い出です。

しかし、今、娘の勉強と向き合うなかで

「引き算」が出来てない自分に気が付きます。

乗せて、掛け合わせて、肥大した「理想」に押しつぶされそうになっていて。

しっかり余分なものを「引き算」しないと、拡大しかせず、自分を支えられない。

娘に偉そうに指導してるけど、

差し引く勇気のない自分に気付き、

余分なものを差し引いていこうと思う今日この頃。

そして「夢」「目標」のために

割り切れる「わり算」にトライしたいと感じました。

子育て、育ててるようで、育てられてる。

思い知りました。

【hairmake arch】山田大樹 オフィシャル

栃木県宇都宮市出身 東京の美容学校へ 原宿⇒池袋⇒横浜⇒自由が丘 2011年横浜 センター北 「hairmake arch」開業 現在10期目。 ノンジアミンカラーと ストレート+パーマ(カール)で エイジングレスのヘアスタイル創り <hairmake archチャンネル> stand.fm https://stand.fm/channels/5ea17961fbbe335df058b3a4

0コメント

  • 1000 / 1000